コボット(RPA)を導入しよう

コボット(RPA)を導入するべき理由3選!仕事の効率化へ

この記事は

  • RPAを導入したい

  • RPAの運用が上手くいかない!

  • 仕事をもっと効率化したい?

  • 楽に仕事をしたい!

こんなことを思っている人におすすめです!

 

仕事を時間短縮する方法ってないかなぁ?


 

そんなあなたはRPAのコボットがおすすめだよ!


 

仕事を効率化したいと悩んでいるそこのあなた!

RPAって言葉を聞いたことがあるけど、どうすればいいのか分からない…

なんてことがありますよね?

 

実はそんなあなたの悩みを解決してくれる『コボット』がおすすめなんです!

 

コボット(RPA)なら

・RPA導入から運用までサポートしてくれる

・即日運用可能なパッケージ販売がある

・RPA運用が上手くいっていなくてもコンサルティングによって改善できる

 

コボット(RPA)なら、RPA導入から運用までサポートしてくれるので、業務の自動化について何から手をつけていいのかわからない事業者やRPAを導入していない事業者も安心して導入することが出来ます。

また、即日運用可能なパッケージ販売があるので、人が辞めてしまうので仕事が回らない時にでもすぐに導入することが可能です。

他の業者でRPAを導入したものの、運用が上手くいっていないと感じている場合もコボットがおすすめなのです。

そんな場合にも5,000社以上の導入実績のある会社なので的確なコンサルティングをおこなってもらえ、業務改善ができます。

 

このようにRPAを導入したいと考えているなら『コボット』がおすすめです。

 

コボットを導入することで、業務の効率化を図ることができ、雑務をする機会が大幅に減ります。

 

 

是非一度問い合わせをしてみてください!

 

↓↓↓お問い合わせはこちらから↓↓↓

コボットPlatform

 

コボットRPAとは何か?

そもそもRPAとは何かご存じでしょうか?言葉の意味を理解しておくと後々スムーズに話が進みます。

 

RPAとは「Robotic Process Automation」の略です。

日本語訳をするとロボットによる業務の自動化を意味します。

 

AI技術の発展により、人間だけでなくロボットに仕事をさせて、業務を効率化させようという動きが2016年頃からはじまってきました。

このRPAは、雑務処理効率化が実現できるため、多くの企業が関心を持ち導入事例が増えているのです。

 

RPAは、人間が作業手順を指示すると、「ロボット」RPAシステムの中で動き回り、業務が自動的に進んみ完結することを指します。

 

誰でもできるような単純作業がRPAの得意分野です。

例えば、単純な文字列の入力や同じ作業の繰り返しなどです。

そういった業務を優先的にロボットに任せることで企業全体で業務の効率化を図ることができます。

 

ちなみに、Excelのマクロ機能とRPAは何が違うの?と疑問に思われるかもしれません。

結論から言うと、Excelのマクロ機能とRPAは自動化できる範囲がちがうのです。

Excelのマクロで自動化できる範囲はExcelやOfficeドキュメント内での作業に限定されます。

一方、RPAの自動化の範囲はPCで利用できるアプリケーションまで広がるのです。

 

そのため、RPAは汎用性がかなり高いモノだと言えます。

 

RPAコンサルティング

コボットRPAを導入するとと何が出来るようになるのか?

 

『RPAって言葉の意味はわかったけどもっと具体的じゃないとわからない』

『コボットのRPAって何がいいの?』

『コボットを導入するとどれだけ業務効率化できるの?』

コボット(RPA)の導入について検討していると、こんな疑問や不安が出てきますよね?

けれど、ご安心ください。コボットを導入したらできることをまとめてみました。

 

コボットを導入することで、以下のようなことが可能になります

 

  • ウェブから情報を収集しリストの作成を自動でできる
  • 基幹システムから作成する報告書を自動化できる
  • 基幹システムへデータを自動入力できる

 

コボットならウェブから情報を収集しリストの作成を自動でできる

ボットならウェブから情報を収集しリストの作成を自動でできます。

例えば、求人サイトなどに掲載されているデータを収集し、求人条件、福利厚生、地域、業種などをExcelなどにリスト化することができます。

そのため、掲載情報の転記やリスト作成時間を減らすことができ、営業リストなどの作成が楽になります。

 

コボットならシステムから作成する報告書を自動化できる

 

コボットなら社内のシステムを複数使って作成する報告書の作成を自動化することができます。

例えば、社内のデータを使って資料を作成することがあるかもしれません。

そんな時にコボットを使えば自動でデータ集めをすることができます。

そのため、月次資料などの手間が減り分析などに時間を回すことが可能になります。

 

コボットなら勤怠や経費等のデータを自動で入力できる

 

コボットを使うことで、日常的に発生する経費の入力や勤怠の入力の手間を省くことができます。

単純な作業を減らすことができるため、余った時間を他の仕事に回すことが可能になります。

 

また、入力だけでなく、請求データと入金データを自動照合やアラートメールの自動配信、入退社の手続きまで自動化することが可能になります。

 

 

 

 

こういったシンプルな作業で手間暇がかかる仕事こそコボットのRPAを使うことで大幅な時間削減や効率化をすることができます。

このような理由から、私はコボットでのRPAを導入することをおすすめしています!

まずは、1度お問い合わせをしてみて改善出来る業務がないか検討してみてはいかがでしょうか?

 

コボットPlatform

 

 

コボット(RPA)はここがすごい

 

もちろんRPAの技術を提供している会社はいくつもあります。

しかし、以下のような点、はコボットのRPAだからできることなのではないでしょうか?

 

  • コボットのここがスゴイ!
  • RPA開発の最新情報を閲覧できる
  • トラブルがあってもサポートしてくれる
  • RPAを学ぶe -ラーニングがついている

 

 

コボットならRPA開発の最新情報が閲覧できる

 

コボットのサービスではナレッジベースというサービスがあります。

ナレッジベースでは、ロボットの開発に役立つ最新情報が随時更新されています。

そのため、最新のRPA事情を知りたければ、ナレッジベースを使えば解決することが可能です。

 

コボットならRPAのトラブルもサポートしてくれる

 

導入初期に何かと起こるのは何かしらのシステムトラブルなのではないでしょうか?

コボットならRPA稼働後の運用保守であったり動作トラブルなどが発生した際には、専門のサポートチームに相談することが可能です。

そのため、安心してRPAを使うことができます。

 

 

 

コボットならRPA開発の最新情報が閲覧できる

 

また、使い方がわからないという心配もあるかもしれません。

ご安心ください。

コボットの使い方は、Eラーニングサイトでいつでも学ぶことができます。

レベル別の学習コースと実践的な演習課題があるので、自身のレベルに合った使い方を学ぶことができます。

 

コボットPlatform

 

 

コボット(RPA)まとめ

  • RPAを導入したい

  • RPAの運用が上手くいかない!

  • 仕事をもっと効率化したい?

  • 楽に仕事をしたい!

 

 

いかがでしたか?もしあなたが少しでも上記に当てはまるならコボット(RPA)が本当におすすめです。

 

業務の効率化が出来るだけで、仕事のやれる幅が広がります。

そしたら、あなたの会社の収益性も高まるに違いありません。。

 

まずは1度コボットについて問い合わせをしてみると、RPAの具体的なイメージが深まるはずです。

 

是非一度問い合わせてみて下さいね!

 

↓↓↓お問い合わせはこちらから↓↓↓

コボットPlatform